スポンサード リンク

2009年11月30日

モチベーションとは

 現場改善には、モチベーションが必要だという人がいます。

はたして、そうでしょうか。


そもそも、モチベーションが下がる理由をキチンと考える必要があります。


私が改善を推進し、基本的な手法を広めようとしている、最たる理由は「自分のため」であり、「相手のため」です。


ややもすると「会社のために」と、自己犠牲を美徳とする言い方をしますが、私はそんな言い方はしません。


会社が利益を出す→給料が上がる→自分の生活が良くなる→嬉しい。


次のパターン。

会社が地域社会に貢献する→会社の評判が良くなる→良い人材が集まる
→会社が成長する→給料が上がる・・・(笑)


現場改善を推進することは、とりも直さず、自らに返ってくる報酬を上げるという、そんな行動です。


それでもモチベーションが・・・って言いますか?


私の経験から判断すると、何事かが上手くいかない場合に、何かのせいにしたい人が、「モチベーションが・・・」って言います。


自分の生活を良くしたいなら、ひたむきに努力するしかありませんし、自分一人が努力をするよりも、チームで協力する方が成果が大きくなります。


ですから、現場改善の手法を広める意味があると考えています。


今は多様な価値観の存在が当たり前で、それを否定するつもりはありませんが、多くの人はより良い生活に憧れているものです。


そのために現場に存在する無駄を省いて、企業の発展に寄与していく。

それが現場改善であり、それを正しく推し進めるのが基本的な手法です。


モチベーションを口にする人がいたら、こういった話をしてあげるのが良いかと思っています。


全ては自分のため。

全ては家族のため。


現場改善は奉仕ではありませんから。



【関連する記事】
posted by 現場改善推進委員 at 23:01| Comment(0) | 現場改善日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。