スポンサード リンク

2009年10月31日

動作改善の考え方

 現場改善の手法としては、少し敷居が高いと思われているのが、IE手法です。

でも、基本となる考え方をしっかりとマスターすれば、それほど難しいものではありません。

敬遠される最たる理由が、「人を分析する」手法だと勘違いされていることです。


動作改善にしても、人をじっくりと観察し、ムダな動作を見つけて、それを改善していくことから、「あらさがし」だと思われています。

でも、それは間違いです。

動作改善とは、人がやっている作業の中から、「価値の無い動き」を取り除いていくことです。

つまり、一生懸命仕事をしていても、それがお金に換えることことが出来ない仕事だとしたら、努力はすべて無駄になります。


IEの基本概念には「人に優しく」というのがあります。


つまり人の労力を、一瞬たりともムダにしたくないということです。

この考え方をしっかりと理解してから、動作改善に向かうことで、より真剣にムダの発見ができるようになります。



posted by 現場改善推進委員 at 21:07| Comment(0) | IE手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。