スポンサード リンク

2009年10月28日

活動の反省と今後の課題

 現場改善の手法は、日々上達していくことが必要です。

QCストーリーにしても、問題の解決をして行く中で、リーダーやサークル員が成長する必要があります。


そのためには、課題の解決終了時に、活動の反省と今後の課題をしっかりと、全員で行うことが大切です。


課題の反省とは、
・今回の活動を振り返ってみて、間違いは無かったか。
・もっと速く解決できる方法は無かったか。
・活動全般が甘くなった部分はなかったか。
・役割分担はしっかりと出来ていたか。

等について、全員で話あって感想を述べます。


そこで全員が共感できた部分が、次の活動に活かせます。


今後の課題は、
・課題が解決できなかった場合、活動の継続をどうするのか。
・課題は解決できたが、まだまだ足りない部分がある。
・サークル員のスキルアップにバラツキが見られる。

といった課題を取り上げ、今後の活動を通じてそれを解消して行く計画を立てます。


1つの課題が終わったら、それで良しとするのではなく、今回の活動を通じて分かったことを整理して、次の活動に活かせるようにします。


これができて初めて、現場改善の手法が理解できたといえるでしょう。



posted by 現場改善推進委員 at 00:39| Comment(0) | QCストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。