スポンサード リンク

2009年09月19日

改善の効果確認

 現場改善の手法で、それが正しかったかを確認するには、改善の効果を見極めることが大切です。

活動当初に掲げた目標に対し、到達率はどれくらいかを、パレート図等を使ってしっかりと確認する必要があります。


その場合の留意点としては、「改善の対象だけで比較する」ことが求められます。


よく見受けられる間違いとして、改善活動を行わなかった不具合項目も、何らかの要因で解消した場合、その分まで効果として計上することがあります。

これは活動の成果を正しく測定できないので、必ず「やった分に対する成果」だけを定量的(数値で)比較しましょう。


その上で、未達の場合はその原因を、過達の場合は計画より上手くいったことを、キチンと分析しておきます。


それが次の活動につながっていきます。


最初のうちは、目標未達だとしても、それが経験になり、正しい考えで正しく活動できるようになれば、効果は目標通りに出るようになります。

現場改善の手法の王道である、QCストーリーによる問題解決は、一朝一夕に習得できるものではありません。

自らの知識や経験を高めつつ、部下の育成にも粘り強く取り組みましょう。



posted by 現場改善推進委員 at 17:27| Comment(0) | QCストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。